2013年07月11日

5/10,000秒を計測可能な時計と、3億年に1秒の誤差の時計



記事を読みましたが半分くらい理解できません!

が、一つだけわかるのは正確な時間を計測できることにより
一般相対性理論の検証などの高度な物理学や、
海面上昇を追跡している地球観測衛星において、
以前よりもさらに正確な時間計測が可能になるということ。

自分たちの生活に直接関わるのはまだまだ先でしょうが
この光格子時計の登場により大きな技術の進歩が期待できるということで
今後の進展も気になる次第ですが…記事中にあるアルミニウムイオン時計
誤差が37億年に1秒以内ということがもっと気になりました。

アルミニウムイオン時計と言うのを調べていたら
ちょっと面白いサイトがあったのでご紹介続きを読む


posted by kaoru at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする